未分類

アメブロで記事を書いたのに削除されてしまう理由

今書いた記事が表示されていない! どうやら、アメブロでひっかかったみたい。(・。・;     nikki   こういうことが起こったのは、はじめて。 時間も朝6時代だったので、頭もまだぽーっとしていて、 私が間違った? 下書き表示してた? と考えてしまっちゃいました。 いやいや、間違えてないし!!! 何が、原因?理由は何? と考えてみて、「商用利用」で怪しい商材の話と思われたのかな。 そういう結論を私は出しました。 消された記事はこのホームページに移動させました。 他、ネットで調べてみて考えられる原因が分かってきました。    

① ペタ、イイネをつける自動化ツールを多用している

時々、ブログに現れる自動ツールで足跡をつけていってるアメブロユーザーさんいませんか? そういうことをしていると消される確率が上がるらしい。特に、一日の上限数を超えると危険です。常識の範囲内でやってみましょう。  

② 情報商材などのアフィリエイトリンクがはられている

怪しいアフィリエイトを貼っていたりするのもよくないです。 情報商材系のアフィリエイトリンクは、避けて置くのが賢明。 アメーバが進めている楽天リンクやamazonリンクなどは問題ないです。  

③ アダルトワードなどアメーバが設定している禁止ワードがのっていた

アダルト、性表現が露骨なもの、儲かるなど怪しい言葉はダメな様子。 はっきりこれがダメとは、アメーバ側も書いていないのですが、今回稼げるということを書いていたのが引っかかったのかもしれません。  

④セミナーなどの募集等商用利用していると判断された

利用規約に、無料のセミナーも載せることはNGと掲載されています。 ましてや、有料セミナーなど、、、クロでしょうね。 セミナー等の募集も危ないです。  

⑤ 広告を消すcssを使っている

デフォルトで出るアメブロの広告をcssを使って消したりといったことはやめたほうがいいです。 消したいなら、素直にアメブロに1000円払ってしまいましょう。  

⑥ メルマガのアドレス登録など個人情報を集めている

メルマガのフォームなども個人情報収集です。 これをしていると削除される確率があがります。  

⑦ 頻繁に更新している

頻繁に更新をしているブログで、上記のことがあれば、目を付けられてしまう可能性があります。 結論 自由に使いたければ、ホームページがいるね!     ホームページは、WordPress(ワードプレス)が自由度が高いけど、知識や調べる努力がいります。 簡単につくれるJimdoやWIXやTumblrなどの無料ホームページサービスを使うのも手。 起業して、まだ何も売れていない。お金が苦しい。 他人に頼むのも申し訳ない。 など困っていたら、無料ホームページサービスおすすめです。   見た目などは、素人くさくても、お客様が欲しい情報が載っていればいい。 検索エンジン的にも適切な情報を提供することが大事なので、無料ホームページ上でブログ記事投稿をしていってもいいですよ。   何がいいか、悩んで決められない方は、自分が続けていけるか? を基準に検討してみてくださいね。 見た目が整ったものの方がやり続けられそうなら、デザイナーにお任せしてしまうのもアリですから!! 何がいいのか、分からない。お困りの方、あなたにあったホームページサービスを一緒に考えますので、お気軽に問い合わせ下さいね。]]>