子供との日常

四男 1歳の誕生日は水ぼうそう

次は君かー!!   そりゃ、来るとは思ってたけどお誕生日にかぁ。 四男へのお手紙 りりしいお顔をしてますが、 ピンクのベビーのお洋服。 お下がりでいただいた 女の子の服をきてもらってました。 うちは4人とも男ばっかり。 男の子ばっかりでかわいい服に全く縁がなかったので お下がりとはいえ、ピンクの服は可愛くて着せちゃいました。   ケーキもまだ、1歳さんには食べれないし 蒸しパンを作ってあげました。 蒸しパン、たまたまみかけた投稿で 楽健寺酵母で蒸しパンが作れると知り、 早速試してみたのです。   軽量して、まぜて、発酵をまって蒸す。 何とシンプルなメニューだろう。 結果、発酵を待つ時間2時間半ほどかかりましたが、 うまいことできた♡ 楽健寺酵母で蒸しパン あまりにも、使わなさ過ぎて存在を忘れてた プリン型がちょうど入る鍋を使ってみる。 蒸しパン今回は全粒粉も少しまぜて、中にリンゴ煮をいれてみました。 重層とはちがう、楽健寺酵母独特のあまさと、もっちり具合がいい感じ♡   子供たち大喜び。 1個だと物足りないらしく、もっとくれ!!と連呼してました。 この子たちが全員小学生になったらこれの2倍あっても足りないのでは(・・;) 鍋もう1つ大きいのいるなぁ。   この日、次男三男四男と出産でお世話になった 加西市のまつだ助産院さんが訪問してくださりました。   四男へのお祝のことばと、風船とプレゼント。   次男、三男のときは郵送で届けていただいたので それも嬉しかったんだった。 4人いても、毎回出産後のことは忘れてるもんだ。 助産師さんが来てくれて 次男、三男の成長も見ていただけるのも素敵なことだな。 病院で産んでたら、多分出産でお世話になった看護師さん助産師さんに お会いすることはほぼないものね。 四男が大きくなって助産師さんのお手紙を読んで もらえる日はまだまだ、先。   その頃に、彼はどんな青年になってるんだろう? お兄ちゃんたちに可愛がってもらってすくすくと育ってるのかな。 お兄ちゃんだってまだ小学生。 青年になった姿はまだまだ思い描けない。 それまでの日々を一緒に過ごすことは きっと大変な日々だろうと思う。 それでも出来る限り、手作りご飯やお菓子をズボラ母ちゃんなりに 作ってあげたい。 私と兄弟たちが水泳をしていたからこそ、 子供の時にお腹が空いて動けないことやパフォーマンスが落ちることはよくわかってる。 食べ物こそ、小さなころは絶対大事。 凝ったメニューまでは私にはできそうにないけども、 出来る範囲シンプルで美味しい素材のお料理を作って 子供たちの成長の基礎を作ってあげたい。 心も、自由に身体もノビノビと成長をしていってほしい。 四男、生まれてきてくれてありがとう。  ]]>