カメラ

2020年秋の紅葉 京都永観堂へいってみた

紅葉を見にいきたい!

旦那さんと喋っていて、そろそろ11月半ばだし紅葉もみれるよね。
という話になりました。

今住んでいるところも、山が近いし紅葉みれるようになるのですが、まだ、紅葉だなぁと思うには足りない。
もっと、絵になるようなところに行ってみたい!

そんな欲望を満たしてくれるところはどこだ?と旦那さんが探した結果、京都になりました。

紅葉が有名な京都永観堂

京都で、紅葉が有名でと探して行ったら、永観堂というお寺にあたったそうです。
京都の旅行雑誌の特集にも紅葉の特集で組まれていました。

▼京都 浄土宗西山禅林寺派 永観堂
http://www.eikando.or.jp/

とりあえず、行ってみよう!と朝用意してバタバタと9時頃出発。
子供四人連れなので、トイレ休憩などもとりつつ。
意外と混んでいて、11時半頃に到着しました。

お寺の駐車場はないそうで、ちょっと離れますが、
岡崎公園駐車場に駐車。
土曜日だったので最大駐車料金1400円でした。
ありがたし。

駐車場からは、歩いて大人の足で、15分くらいでしょうか?
子供と歩いていたので30分近くかかったかも。

以外と混雑していました。
そして、子供連れ四人でカメラ撮影の難しさがしみる。

ちょこっとだけ、気になるものを撮影しました。
その間も話しかけられまくるんだけどね。

大玄関の入り口

玄関には、ポスターが。
法然上人立教開宗850年。

コピーもシンプルなんだけど、目をひきました。

金の雲のキラキラと重厚な感じがまた良かったな。

建物はここからはじまりまして、ぐるぐるとけっこう歩きます。
庭には紅葉、池、鯉といい感じになっていました。
けっこう日光も差し込んでいて、初心者カメラの腕ではうまく撮れず。

紅葉撮影練習しておかないとと反省です。

お寺の図面もでてました。

NIKON D750で紅葉撮影してみた

ぐるっと回ってお寺の出口のあたり。瓦屋根と。
中庭。ガラス越しで撮ったのでほわーって光が入ってます。
てくてく、建物から出て歩く。
望遠で撮って、色加工したら絵っぽくなった。
お地蔵さん?群衆でいた。
手洗うところ。龍がかっこいい。

途中、階段がきつく上がる箇所もありました。
カメラ+レンズ3本持ってきてしまったのでかなり疲れてしまった。

けっこう歩くなと思う時は、レンズ頑張っても2本にしておこう。
次からの反省になりました。

ちなみにこの日は1万歩歩いてました。
やっぱり、お寺って歩くもんだもんね。

歩きながら、子供たちを見ながらの撮影は大変だったけど、
頑張って行って良かったです。
次、紅葉撮る時にはマクロレンズとオールドレンズのボケが強いものとも試してみたいもんです。

ABOUT ME
福永 万琴
福永 万琴
ほんわかしたものが好きな男子四人子育て中のデザイナーです。 神戸育ち⇒のどかな田舎、兵庫県相生市在住。 雑貨、食べ物、カメラ、イラスト、柄の布など好きなことをつづっているブログです。