カメラ

2020年10月31日満月(ブルームーン)を撮ってみた

いつも、星を撮りたい
満月を撮ってみたい
と思いながら、特に調べもせず、撮ってみるとまぁ、へたくそで。

何とかうまく撮りたいものだなと気になっていました。

珍しい満月の日!

ふと、今日twitterを見ていたら
ブルームーンという満月だと言うことが流れていて。

10月31日でハロウィンだし、不思議なことが相乗効果でいいなと思ったのでした。

ちなみにブルームーンは、
2〜3年に一度、1ヶ月に2度満月が見られる時の2度目の満月
なんだそうです。

カメラのレンタルサービス「goopass」さんの記事
https://goopass.jp/magazine/blue-moon/

2020年のブルームーンは、10月31日(土)です。一番の見ごろ・撮影に最も適している時間帯は、23時50分と言われています。

goopassブログより https://goopass.jp/magazine/blue-moon/

親切に撮影にいい時間も書いてあったので、
その時間をまだかまだか。と待って撮影してみました。

Nikon D750でブルームーンを撮ってみた

今、使っているカメラは、
Nikon D750。

おススメしていたレンズは、望遠とのことだったので、
今手持ちで持っている初心者用レンズで撮影することに。

望遠レンズでもまだ手頃な中古で3万円で手に入るレンズです。
手頃なので、まぁそんなに期待してなかったのですが、
意外とこのレンズ、ボケもでるし気に入っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【1年保証】【美品】Nikon AF-S 70-300mm F4.5-5.6G ED VR
価格:39800円(税込、送料無料) (2020/11/1時点)


本体は、こちら。
Nikon D750。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【1年保証】【美品】Nikon D750 ボディ
価格:109800円(税込、送料無料) (2020/11/1時点)


それでは、カメラの設定をチェックしよう。
と先ほどの記事を見ながらも、もう一つ確認してみようと
探してきたカメラの設定記事を確認。

【完全保存版】手持ちのカメラで月をキレイに撮影する方法![満月から三日月まで]
https://photo-studio9.com/moon_photo/

カメラのことが分かりやすく整理してまとめてありました。
他の記事も気になる。

コチラの記事によると
満月の時の設定は、
ISO400, F8.0, SS:1/800秒

素直にそのまま、マニュアルで設定。
撮影にいいらしい時間を狙いました。

夜11時50分ごろに満月を撮ってみた

少々寒いですが、外にでて、満月の場所をチェック。

今日は、探さなくても分かりやすく空にでん!と満月がいました。
満月だからか、空全体が明るくて、電気もいらない。

設定は家の中でしていたので、そのまま
一番ズームにして撮影します。

2020年10月31日ハロウィン+ブルームーン

さすがに、私のレンズでは、一番ズームにしても、遠い。
あとでトリミングしました。

お月様の周辺には靄がかかっていて、空もほわぁっと、淡い感じになっていてきれい。
そこまでは、写っていませんが。
月の明るさが写し取れていて感動!!

今までの失敗は、ちゃんと設定を調べていなかったからなようです。
撮影は手持ちなのに。手振れせず、綺麗にとれるもんなんですね。

そうはいっても、一眼レフ重たいし、いつかは
三脚ともっと寄れる本格派望遠レンズも用意して撮りたいな。

ブルームーンっぽく、青に加工

せっかく、ブルームーンと呼ばれているんだからと
思いまして、青っぽく加工してみました。

青色をいれると、幻想的な月によりなりました。
月の表情が分かりやすくなるようにシャープネスもかけてます。

adobe のLightroomで色加工。
ソフトは有料ですが、photoshopとLightroomだけ買うなら
フォトプラン月額980円。
https://www.adobe.com/jp/creativecloud/plans.html

昔ならPhotoshop買い切りで10万円くらいしていたのでお安くなっていますし、それくらいお金払っても価値あります。
Lightroomは、写真の補正も高機能ですしまだ、ちょっとしか触っていませんが楽しいです。

今のカメラの世界は、写真撮ってだけではなく、あとの加工処理も細かいので、全然技術足りてませんが加工することも学んでいきたいな。
苦手意識の強かった夜空もこれで楽しめそうです。

教訓:カメラの設定は予習するべし!!

ABOUT ME
福永 万琴
福永 万琴
ほんわかしたものが好きな男子四人子育て中のデザイナーです。 神戸育ち⇒のどかな田舎、兵庫県相生市在住。 雑貨、食べ物、カメラ、イラスト、柄の布など好きなことをつづっているブログです。