子供との日常

楽に作りたい赤ちゃんハンカチマスク

マスクが売ってないから作ってみよう

コロナの感染がこわいこの頃。
小学校もお休みに入ってしまいました。

子供たちも宿題を一日中するだけというわけにもいかないし、
とっても暇そう。

「面白くない。どこか連れて行ってよー」

とわーわー言っています。
そんな、連れていくっていっても、それも大変だし。
結局家にいることが続いています。

先日、貴重な小学校の登校日があり、マスク持っていかねばと
ストックしていたものをみたら、いつの間にかカラになってしまってました。

ああ、こりゃやばい。
なんとかしなきゃ。

引き出しをのぞいたら、四男の赤ちゃん用ガーゼハンカチがまだあったんです。
他にも私が持っていたガーゼハンカチがいくつか残っているのですが、
綺麗そうなガーゼハンカチを使ってマスクにしたらいいんじゃない?
と思い調べました。

ガーゼハンカチを手縫いしよう

ネットで調べると、いくつかガーゼハンカチのマスクがでてきました。

うちにはミシンがないし、作ってみたいとはりきっている次男の為に
簡単、縫うところが少ない物を探しみつけたのが、コレ。

ガーゼんハンカチマスクの作り方(暮らし二スタ)

実際作ってみたのがこんな感じです。
内側はハンカチを畳んでいるので、見た目的にはいまいちですが、でもつけてたら問題ないです。



材料のガーゼハンカチは楽天でも色々売っています。



採寸せず、間隔で作ってみる

次男が飽きずに作ると思うと難しい作業はいやだし、私もズボラなので
採寸をするのを辞めました。

手順としては、

①ガーゼハンカチをアイロンに当てる
②ハンカチを半分に切る
③ハンカチに折り目を付ける
④ハンカチの上下を縫う
⑤ハンカチの両サイドを縫う
⑥ゴムを通す


以上、終わりです。

なんと簡単なんでしょう!!

「うー。大丈夫かな。」

とマスクのゴムの部分の縫うところは気になったようで
定規で1センチのところを計り、鉛筆で線をいれてちくちく。
チャコペンも家にないことを今更気づくという、ダメ母ぶりでしたが、
なんとか縫えました。

ゴム通しは、少し難しかったので私がやりました。
ゴムは平ゴムの細手が家にあったので、それでやりました。
団子結びにして、調整は自分でしてね。という話にしたのですが
形になってとっても嬉しそうです。

調子がでてきて結局4つつくることができました。
材料的にはハンカチ2枚です。

小1男子でも、縫物できる!

波縫いを教えて、ちくちく自分で縫うことが出来た次男。
次小2になるのですが、意外とこういう作業は好きみたい。

波縫いは楽にできるけれど、つまずいたのは、玉結び。
硬くとめることが難しいようです。
これも、また練習でうまくなるさ!!

ちなみに、長男小4は、興味なし!
出来たよと見せても、ふーん。以上でした。

小4には、この柄が気に入らないらしいです。
小4の壁?
それなら無地の白がよかったとのこと。

男子の美意識が出てきたんだなぁ。
ちょっと嬉しいような面倒なような気持ちになりました。

次作り足すなら、ハンカチの無地を買い足してやってもいいかもしれません。

ハンカチを折りたたむよりもしっかりするから、
ちょっとマスクを作りたいなら、これおススメです。
暮らし二スタさん、ありがとうございました。

ABOUT ME
福永 万琴
福永 万琴
ほんわかしたものが好きな男子四人子育て中のデザイナーです。 神戸育ち⇒のどかな田舎、兵庫県相生市在住。 雑貨、食べ物、カメラ、イラスト、柄の布など好きなことをつづっているブログです。