子供との日常

田舎の小学校での発表会は、午後からが長かった

  そのとりあいで、大豆が自然とつぶれて行くという。 いいのかわるいのか?良くわからんことになってるわ。(・・;)   麹が次にやってきて、塩とボウルに出して混ぜる。 これは、手作業なので次男がじーんと、肌さわりを感じていた。   独特の香りと、この肌さわりを楽しんでいる様子。   そして、またつぶした豆と混ぜて行く作業。 すごく簡単な単純作業故、子供たちどんどん、飽きてきた様子。 やばいなぁ。これ。。。   そして出来た味噌を見て もう終わりかぁ。ってなんやーってちょっと物足りなさそうだし。     お味噌は、夏ごろ出来上がる。 それまで、様子見ておいてね。と職員さんにいわれてたので また、ちょくちょくみよう。   作業終わってから、味噌汁の試飲があった。 味噌汁家で全然、みんな飲まないのに。   「お代わりちょうだいーーー!!」 と何度も列に並び直すうちの3兄弟。   あまりにも飲むので、職員さんに塩分を気にしてか、 「もう、やめようか。」 と言われてしまう結末を迎える。   味噌汁家で飲ませてないかのようで、恥ずかしかった。 小学校で、いつもの友達たちと、親と作った味噌を今飲む(厳密には違うけど) その体験が、彼らの中で新鮮で刻み込まれてるんだろう。 今の気持ちを素直に出して、表現できているということで、よしとしよう。]]>